2017/03/22

【速報】小田急電鉄2000形2059Fの種別行先案内表示器がフルカラーLED式に

2017年3月22日の平日B12運用(6504レ~)より、小田急電鉄2000形2059F(小田原[OH47]寄りからクハ2459+デハ2409+デハ2309+サハ2259+サハ2159+デハ2109+デハ2009+クハ2059)の種別行先案内表示器が3色LED式からフルカラーLED式に更新されていることが確認されました。
▲就役当初は全9編成がロイヤルブルー帯で3色LED式だった2000形。最後までこの組み合わせで残っていた2059Fの種別行先案内表示器が3色LED式からフルカラーLED式に変更され、ついにその組み合わせが消滅した。ただし3色LED式で残るのはインペリアルブルー帯の2058Fである。

これにより一時的にロイヤルブルー帯とフルカラーLED式の種別行先案内表示器の組み合わせが復活することとなります。ちなみに種別行先案内表示器が3色LED式で唯一残っている2058Fは帯がインペリアルブルー帯となっており、種別行先案内表示器のフルカラーLED式への更新は時間の問題と思われます。私は実はフルカラーLED式となった2059Fを6525レ(平日B12運用)で確認、帯がロイヤルブルー帯のままだったので違和感を覚えましたが、番号を確認したら『2059』とあったので、本当に2059Fで種別行先案内表示器のフルカラーLED化が実施されていたと判明したのでした。私は1032レ(平日E35運用)の3000形3094Fに乗車中に玉川学園前(OH26)にて確認したので前面部のみ確認済みですが、側面部にも実施されているものと思われます。

小田急電鉄ロマンスカー『EXE』30000形30052Fが日本車両製造豊川製作所へ

2017年3月21日の終電後から22日にかけて、小田急電鉄ロマンスカー『EXE』の30000形30052Fが所属先である海老名検車区から日本車両製造豊川製作所まで甲種輸送され入場しました。先に入場した30252Fと同じようにリニューアル工事を受けて『EXEα』になるものと思われます。
▲ロマンスカー『EXE』の30000形30052Fも相方の30252Fのあとを追うように日本車両製造へ入場した。こちらも人身事故に遭った衝撃で前面部のへこみがみられた。

今回入場した30052Fと30052Fは来年度(2017年度)の事業計画における同形式のリニューアルの対象編成と思われます。同編成は日本車両製造にて30051F+30251Fと同様の改造を受けるものとみられ、3号車(サハ30452)と9号車上り方(デハ30002)の電動車化(3号車はデハ30402に変更、9号車は上り方の付随台車を電動台車に変更)などが実施されるようです。

2017/03/17

東京急行電鉄田園都市線に新型車両『2020系』を導入へ

2017年3月17日、東京急行電鉄が2018年春に田園都市線向けの新型車両『2020系』を導入すると発表しました。田園都市線では2017年3月現在でも8500系が主力車両となっており、これらの車両を2020系によって置き換えていくものと思われます。
▲田園都市線の主力車両である8500系。現在では長津田検車区に10両24編成(8606F・8614F~8617F・8619F~8623F・8625F~8637F・8642F)が在籍する。なかには東武鉄道スカイツリーラインに直通しない『サークルK』の編成が存在する(8606F・8642Fのみ)。
▲本来は8500系の置き換えのために増備されるはずだった2代目5000系だが5101F~5117F・5120Fの18編成にとどまり、5118F・5119F・5121F・5122Fが東横線の元住吉検車区に転属するなど8500系の置き換えムードは一気にしぼんでいった。

新型車両2020系は2018年春に10両固定編成3本(30両:編成予想は『2021F』『2022F』『2023F』)が導入されますが、それ以降も増備を予定しているため、主力車両の8500系だけでなく、2編成のみの8090・8590系(8694F・8695F)や3編成のみの2000系(2001F・2002F・2003F)にも気をつけたいところではありますね。2020系の車内では東京急行電鉄では初となる空気清浄機『ナノイー』が設置され、座席は田園都市線5000系の新製4扉付随車(6扉車置き換えの付随車)や東横線の5000・5050系5177Fと同じくハイバック仕様とし、袖仕切り板や扉横の手すりの形状変更、荷棚の高さ変更、田園都市線の5000系や東横線の5177Fと同じくフリースペース(ただし車椅子やベビーカーも使用可能)を全車両に設置、17インチワイドの車内LCD旅客案内表示器のほか東日本旅客鉄道E235系と同じく広告媒体にデジタルサイネージを配置、車内防犯カメラが設置されるほか、車外では前照灯・車内照明や尾灯のLED化、次世代半導体素子を用いる制御装置(例:SiC素子など)を採用するようです。製造は総合車両製作所横浜事業所になるものと思われ、5000系の導入の際にほとんど進まなかった8500系の本格的な置き換えがこの『2020系』の導入によって実現するのでしょうか。今後の動きに注目です。

東日本旅客鉄道南武線の珍車E233系8500番台に出会う

3月17日の午前は大学だったものの午後は撮影へ。東日本旅客鉄道南武線の武蔵新城(JN-09)へ向かいました。武蔵新城の撮影は一体いつ以来だろうか・・・(205系0番台・1200番台と209系0番台・2200番台からE233系8000番台へ置き換えが進行していたとき以来なのは確かですが)。

E233系8000番台横ナハN19編成。4256F列車(平日57F運用)。

E233系8000番台横ナハN3編成。1234F列車(平日35F運用)。ここまでは至って普通のE233系8000番台ですね。

E233系8500番台横ナハN36編成。1244F列車(平日45F運用)。昨日発生した津田山(JN-11)での人身事故に巻き込まれた南武線開業90周年ヘッドマーク車のE233系8000番台横ナハN1編成に出会えなかった代わりになんと珍車のE233系8500番台に出会いました。元0番台八トタ青670編成からの改造車であり、従来の8000番台とは仕様が異なります。

この編成に少しだけ乗車。車番ですが、改造種車である編成の元の車番ステッカーの上に改造後の車番ステッカーが貼り付けられていました(写真は6号車クハE232-8528[元クハE232-528]のものですが・・・)。

そして武蔵中原(JN-08)で折り返しの1345F列車(平日45F運用)を撮って終了としました。元0番台から改造された珍車に今後も目が離せませんね。

※おまけ※

おまけは乗り換えで利用した武蔵溝ノ口(JN-10)。駅名標がひらがなタイプから新型タイプに交換され、なんと駅ナンバリング『JN-10』が施されていました。なお同駅以北では現時点で駅ナンバリングは確認されていません。

本日の小田急電鉄小田原線撮影 ~2017.03.17 4000形最新鋭を撮る~

本日3月17日は小田急電鉄小田原線を伊勢原(OH36)にて。

1000形1051F+1251F。4006レ(平日E31運用)。1051Fは重要部検査明けのためか、きれいになっていました。なお今回は乗る列車をあえてずらしました。

4000形4066F。1017レ(平日E20運用)。今回のお目当て、4000形最新鋭をようやく営業運転で撮ることができました。私は後続の1000形1092Fの1034レ(平日E63運用)で移動しました。

東京地下鉄13000系、2017年3月25日に営業運転を開始へ

東京地下鉄では日比谷線に投入される新型車両13000系の本格的な営業運転について、3月25日より開始すると発表しました。なお同系列は2016年12月23日から25日に霞ヶ関(H-06)~南千住(H-20)を1往復する特別運転を実施していました。
▲3月25日から本格始動する13000系。銀座線1000系と同じくホームドアの導入により停車時分が増えるため、運用数が増えることを考慮して、すでに落成した編成を含めて03系よりも2編成多い44編成(13144Fまで)が近畿車輛にて製造される予定。

日比谷線内では13101Fを中心に、普段は入線しない東京急行電鉄東横線・大井町線・田園都市線(こちらは鷺沼検車区での検査入場などを考慮)、東武鉄道スカイツリーラインといった同系列の乗り入れ先の路線では13102Fを中心に試運転を実施していたほか、昨年12月には13101Fを使用して実際の営業運転さながらに一足早く乗客を乗せて特別運転を行ったりしていました。なお2月以降はあまり動きがみられませんでした。なお13000系は東武鉄道70000系と同じく4扉車両の7両編成であり、03系(こちらは3扉車両の8両編成、一部5扉車両あり)や東武鉄道20000系列(一部5扉車両あり)と扉の位置が異なるため、運用範囲の各駅(日比谷線全駅)には7両編成の乗車位置が設けられるほか、各駅の発車標では『7両』(13000系・70000系)または『8両』(13000系・70000系を除く系列)といった両数表示を出すようです。

2017/03/15

東日本旅客鉄道E233系8500番台横ナハN36編成が南武線での営業運転を開始

2017年3月15日の513F列車(平日13F運用  武蔵中原[JN-08]05:41発)より、東日本旅客鉄道E233系0番台八トタ青670編成(クハE233-70以下6両)に南武線向け転用改造工事を施して改番されたE233系8500番台横ナハN36編成(クハE233-8570以下6両)が同線での営業運転を開始しました。
▲中原電車区に新製配置された生え抜きのE233系8000番台に元0番台から改造された8500番台横ナハN36編成(写真)が仲間入りした。この編成には座席モケットや半自動ドアスイッチなど0番台仕様が一部で残っていることから、異端車両として今後もファンからの注目を集めそうだ

同編成が南武線向けに導入された経緯として、総合車両製作所新津事業所で製造されたE233系8000番台35編成が205系0番台・1200番台および209系0番台・2200番台をすべて置き換えるために投入されたものの、当時の209系0番台宮ウラ24編成のうち6両から改造された209系2200番台横ナハ53編成(クハ209-2202以下6両)が同線に残存していたことから、その編成をE233系の6両固定編成で置き換えるため、8000番台と同じ編成形態を組む青梅線・五日市線向けE233系0番台のうち、2008年に当時の東急車輛製造で製造されたラストナンバーの元八トタ青670編成に南武線向け転用改造工事を施したものです。このため種別行先案内表示器のROM更新(英語併記対応)が施工されているほか、車内LCD旅客案内表示器が15インチ2画面から17インチのワイド2画面に変更されていたり、8000番台と同じくWiMAXアンテナが設置されるなど、一部仕様が8000番台に合わせるような改造がなされています。しかしながら列車番号表示器の位置が異なる、半自動ドアスイッチ自体が残されている、座席モケットは中央線・青梅線・五日市線時代のままであるなど、改造種車の0番台仕様が随所に残されています。ただし全35編成が総合車両製作所新津事業所で製造された生え抜きの8000番台と異なり、8500番台は旧東急車輛製造で製造されており、トップナンバーの横ナハN1編成よりも約6年も前に早く落成しています。

ちなみに南武線では2017年3月4日のダイヤ改正で各駅停車と快速との接続駅(待避駅)が変更され、下りは平日では稲城長沼(JN-18)、土曜休日では武蔵中原と稲城長沼(JN-18)の両駅、上りは平日・土曜休日ともに登戸(JN-14)に変更され、快速の所要時間が少し短縮されているようです。

相模鉄道で『SOTETSU 100th IMA MUKASHI TRAIN』を運転へ

2017年12月18日に相鉄グループ創立100周年を迎える記念事業として相模鉄道が2017年4月上旬から2018年3月下旬までの約1年間の予定で相模鉄道本線・いずみ野線全線で『SOTETSU 100th IMA MUKASHI TRAIN』が運転されることが発表されました。
▲『SOTETSU 100th IMA MUKASHI TRAIN』のラッピング車両の当該車両はプレスリリースでは写真の11000系11002Fが使用されたものとなっている。
▲『SOTETSU 100th IMA MUKASHI TRAIN』にも『そうにゃん』の形をしたつり革が設置される。

『SOTETSU 100th IMA MUKASHI TRAIN』では現役車種である新旧7000系(こちらは検測車両のモヤ700形を含む)、8000系(初代塗装と2代目塗装)、9000系(初代塗装・2代目塗装・3代目塗装『YOKOHAMA NAVYBLUE』まで)、10000系(初代塗装と2代目塗装)、11000系の各系列が車体側面部にラッピングされるほか、4代目『そうにゃんトレイン』の11004Fと同じく、車内の一部には『そうにゃん』の形をした特製オリジナルつり革が設置されます。また相鉄バスについても営業路線で『SOTETSU 100th IMA MUKASHI BUS』と称して6台のバスの左側面部(つまり乗降扉のある方)にラッピングを施して『そうにゃん』のつり革を設置したうえで『SOTETSU 100th IMA MUKASHI TRAIN』よりも一足早く運行を開始し、こちらは約1年間運行されます。

2017/03/14

小田急電鉄ロマンスカー『EXE』30000形30252Fが日本車両製造豊川製作所へ

2017年3月14日、小田急電鉄ロマンスカー『EXE』30000形30252F(箱根湯本[OH51]寄りからクハ30552+デハ30502+サハ30452+サハ30352+デハ30202+クハ30252)が日本車両製造豊川製作所に入場するため甲種輸送されました。この編成は2月28日の平日N44N64運用をもって営業運転を離脱し海老名検車区に留置されていました。
▲本厚木(OH34)に進入する『EXE』の30000形30052F+30252F。このうちの30252Fがリニューアルのために日本車両製造豊川製作所に入場した。先頭車前面部に人身事故の衝撃でへこんだ跡が見られた。昨年は厚木市・海老名市出身の音楽グループ『いきものがかり』の地元凱旋ライブに向けた特別団体専用列車などに充当されていた。
▲『EXE』から『EXEα』に生まれ変わり3月1日の『はこね41号』(0041レ:平日N46N66運用)で復帰した30000形30051F+30251F。甲種輸送で日本車両製造豊川製作所に入場した30252Fもこのような姿になって帰ってくるのだろうか。

この編成は日本車両製造豊川製作所にてリニューアル更新工事を受けるためと思われ、『EXE』から『EXEα』に生まれ変わった30051F+30251Fと同じ工事内容になるものとみられます。なお相方の30052Fに関しても海老名検車区に留置された状態であり、こちらも『EXEα』へリニューアルするために日本車両製造豊川製作所へ入場するものとみられます。なお13日終電後の小田原線内でリニューアル前の30252Fを牽引したのは1000形1254Fでした。

小田急電鉄4000形最新鋭の4066Fが営業運転を開始

2016年12月20日に総合車両製作所横浜事業所を新製出場し、2017年1月17日から20日にかけて小田急電鉄小田原線内で性能確認試運転を行っていた4000形4066Fが3月13日の平日E16運用の再出庫(成城学園前[OH14]18:22発の6649レ)より営業運転を開始しました。
▲約4年ぶりに増備された最新鋭の4000形4066Fがついに営業運転を開始した。同形式には固定運用となる10両編成のC運用が存在するものの、本日14日は海老名検車区出庫で順当に平日E17運用に入ったことから、当面は10両編成のE運用に入るものと思われる

この編成は製造当初から前面部の種別行先案内表示器のROM更新対応化や乗り入れ先の東京地下鉄千代田線内のホームドア設置に対応する機器が設置されているほか、4065Fまでの各編成では両先頭車にのみ設置されていた車椅子スペース兼ベビーカースペースが4066Fでは中間車(6号車のデハ4316と7号車のデハ4216)にも追加設置されています。また同形式では製造当初から前照灯がLED化されているほか(ただし千代田線内ホームドア設置に対応する機器の設置改造工事が施工された4060Fの前照灯もLED式になっている)、運転台は同形式で初めてとなる計器類がすべて画面に集約されたグラスコックピット式とされました(こちらは改造工事が施工された4060Fでも確認済み)。これで4000形は10両16編成(計160両)の陣容となり、これは8000形と同じ在籍両数(ただし同形式は6両16編成、4両16編成である)となります。

【4066Fの運用推移状況】
13日:平日E16運用(6649レのみ)
14日:平日E17運用(1016レ4205レ

本日は平日E17運用で運用されているため、明日以降は以下の運用のいずれかとなります。太字はもしも順当に流れた場合の運用を示しています。
15日:平日C11運用・平日E16運用(1515レ1514レ)・平日E18運用・平日E32運用・平日E37運用